短期バイト 試験監督 おもちゃ屋 荷物出荷

MENU

短期バイト体験談@東京編

数あるアルバイトのうち、短期バイトの経験はがあるか方は多いのでは?今回は、試験監督・おもちゃ屋・荷物出荷の短期バイト体験談を経験者の語って頂きました。【東京編】

 

カンタンだった短期の試験監督について
東京都板橋区で英語検定試験の試験監督(アルバイト)をしました。日曜日の朝から夕方頃まで、昼食付きで非常にありがたいアルバイトです。内容は試験時間を知らせるタイムキーパーと、リスニングCDをセッティング、定刻に放送する比較的、簡易な仕事です。頭を使うことが少ないため、仕事が終了しても疲れが残ることはほとんどありませんでした。英語検定試験で中でもお勧めの業務は、2次試験(面接試験)です。1次試験と異なり、時間を誤る心配がないため、気楽に業務に従事できます。英語の試験は年に2回ほどですが、他の資格試験がいろいろあって、短期バイトとして何度かこなしてきました。《21歳/学生/女子》

 

有名デパートのおもちゃ屋さんで短期バイト
東京日本橋の有名デパートにあるおもちゃ屋さんで短期バイトをしたことがあります。仕事内容は、商品の補充や接客です。クリスマスシーズンの有名デパートでしたから、お客さんは途切れることがなく、12月上旬からクリスマスイズの前日まで、とても忙しかったのを覚えてます。しかし、主に子どもたちを相手にした接客ですから、気を使うことも少なく楽しくやれました。バンダイなどのおもちゃメーカーから出向してきている社員の方などもいて、商品の裏話などを聞けたりもしました。社員食堂が充実していたことも特筆すべきかもしれません。大きな会社に勤めれば社員食堂があって、こんなに美味しい物がこんなに安く食べれるのかと感動したことをよく記憶してる印象深い仕事経験でした。《27歳/主婦》

 

荷物出荷準備のアルバイト
私の短期バイトのキャリアといえば、工場で荷物出荷準備をしている工場のアルバイトです。都内のちょっとはずれにある場所で、通勤に1時間弱かかりました。荷物の中身というのは何かわかりませんが、通販で発注された物のようでした(アマゾンみたいな会社?)。箱の中身をカンタンに検品し、封をして、運送業者に集荷してもらうという作業内容でした。単発1日だけでもすぐに慣れ、仕事が早く終わった後は「出荷用のダンボール箱を組み立てる」という作業を時間いっぱいまでしました。まったく一人で参加しましたが、人間関係も良く、楽しく1日を終えました。その後も、度々お声掛けしてくれて、今でもたまに東京までいってバイトさせてもらってます。(23歳/大学生/男子)